« August 2008 | トップページ | October 2008 »

September 24, 2008

ダンボール箱で家具転倒防止

家具の上にダンボール箱を積んでも家具転倒防止になるという話は、このブログでも何回かご紹介していますが、それを商品化した商品があるようです。
 昨日のWBS トレタマで紹介していました。 名前は「家具転倒防止BOX 耐震君」

 家具の天板から天井までの高さに応じて、いくつかのダンボール箱を重ねる仕組みで、一番下に置くダンボールの中に車用のジャッキが入っていて、高さ調整ができる仕組みになっている。
 もちろん、ダンボールの中には荷物がしまえる。

 値段が高いが、完成品が届き設置が簡単なので、自作はちょっとという方には良いかもしれない。

 家具と天井の間に設置する方式では、突っ張り棒タイプの家具転倒防止器具が一般的だが、設置の仕方が悪いと、最初の振動で倒れてしまい役に立たない事もある。
 やはり、正しい設置は基本です。

 こういった家具天板と天井を支えるタイプは、家具の上の奥の部分が地震動で手前に動く事を防ぐ事により、家具の転倒するのを防ぐ仕組みです。

 このダンボール箱タイプだと、面で支える分転倒してしまう危険は少なく、天井の上部な部分を抑える(可能性が高い)ので、突っ張り棒タイプよりも確実性は高いのではないでしょうか?

どうせ商品化するなら、もっと見栄えを良くするとか、ダンボールの上下面をすべりにくくするとか付加価値が欲しかった気もします。
 
自分でダンボール箱で家具転倒防止をやろうという方は以下の点に注意されると良いと思います。
1)天井との間に隙間を作らない。
 サイズが合わない場合は、板やたたんだダンボールで高さ調整をしましょう。

2)ダンボールには重い物を入れない。 
 重いものを入れては、ダンボール箱自体が落ちてきて危険です。 軽い物やとっておきたい空き箱類を詰めましょう。

[効果を高めるためには]
1)特に奥の部分を強く。
 地震の振動では、家具の奥の部分が上や手前に動く力が働くので、特に奥の部分の強度が高まるような工夫をする。
 たとえば、ダンボールの内側に高さを合わせて切ったダンボールを入れる(側面の二重化)

2)天井に接する部分は板を入れると、より強く面で支える力が強くなります。

3)間に滑り止めシートを挟み込む。
 振動でダンボール箱が動いては役に立ちません。 薄めの滑り止めシートを家具、ダンボール箱、天井の間に挟みこみましょう。
 ホームセンターなどで、あらかじめ切った物をロール状にして売っていますが、カーペット売り場などで計り売り(長さを言って切って貰う)ほうが、安い場合が多いようです。

 私は東急ハンズでゴムのメッシュのシートを計り売りで買い使っています。 食器棚の中とか、ソファーカバーのズレ防止など、いろいろ使えます。

 家具転倒防止をやらない方は、家具や家に傷つけたくないからとか、見た目が悪くなるからとか、やらない理由に多いようですが、やらないよりやったほうが絶対イイ。

 ダンボールに包装紙や壁紙をまくなどして、見た目も工夫しだいで良くなるはずです。
たとえ、効果が少なくて家具が倒れたとしても、倒れるタイミングを遅らせるだけでも、命は助かる可能性は高まります。

自分でやるのは面倒で、お金かけても問題ない方は、「耐震君」買いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 23, 2008

iPhone,iPod touchで助けを呼ぶ3

「iPhone,iPod touchで助けを呼ぶ」という記事で、「モールス信号」を点滅して知らせるアプリがあったらと書いたところ、Erlangさんが"Morse-It"というアプリを教えてくださいました。

 まさに、私が想定していたアプリでしたので、ご紹介しておきます。
きっとヨソでは紹介されないアプリでしょうから・・・

 アルファベットのみですが、文字を入力して「translate」ボタンを押すと、画面下部の点滅でモールス信号を発信します。
 別画面ではモールス→テキスト変換ができ、画面下部でタップすると画面上部に文字変換され表示される。

信号の一覧画面もあります。
設定画面で、点滅スピードや色の変更もできます。

モールス→テキスト変換の機能など、タッチパネルを活かしたアプリですね。
モールス点滅画面が全画面表示になると、もっと視認性が高いと思います。

 まあ、実用性はないでしょうし、モールス信号を読める人がどれだけいるかは疑問ですが、パニック映画などでは、モールス信号で助けを呼ぶというのはありがちなパターンですので、役立つ時もあるかもしれません。

Erlangさん,ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 21, 2008

iPhone,iPod Touchで助けを呼ぶ2

前回記事で紹介したiPhone/iPod Touchで使えるライトアプリ「myLite」が実際どの程度持つのか試してみました。

 結果は約7時間。 72時間持って欲しいところですが、結構使えるレベルの時間ではないでしょうか?
ちなみに使用条件は、
・機種 iPod Touch(第一世代) バージョン2.1
・無線LAN オフ
・明るさ自動調整 on 明るさ設定は目視で30%程度

 これって、人混みの中で待ち合わせていて、携帯で話ながらドコ?とか探している時に、合図に使うといった使い方できるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 20, 2008

iPhone,iPod Touchで助けを呼ぶ

iPhoneやiPod Touch(以下、touch)は、公開されているプログラムを入れて使えるのが特長なのだが、ユニークなアプリケーションが結構ある。

 お気に入りのアプリケーションは幾つかあるのだが、一応ブログのテーマに関連するものを紹介したい。

・ライト関連
 touchで使えるライトのアプリは何種類かある。大きな液晶画面を懐中電灯の代わりに使ったり、ろうそくやライターの映像が表示されるものだったり、画面全体を指定した色で全画面表示するものだったり。
 私は、無料の「myLite Flashlight and Colored Strobe」。

 ストロボパターンで色を点滅させる。 あまり実用性はないとは思う。
 もし、救助を待つ身になったら、ヘリなどに知らせる役には立つのかもしれない。

 その延長で考えると、文字を入力して実行すると、指定した文字列をモールス信号に変換して、点滅して知らせてくれるアプリケーションがあったら役に立つのかもしれない。
 「けが人がいます」とか、モールス信号で救助のヘリに知らせる事ができたらいい。
 パイロットならモールス信号読めますよね、きっと・・・

 誰か作っていただけないでしょうか?

・touchをハードディスクとして使う。
 被災する事を考えると、大切なデータは持ち歩いていたい。 また、日々参照するようなデータはパソコンがなくても見れると良い。

 「Air Sharing」は、touchを外部ハードディスクとして使えるソフト。 今は無料だが将来有料化されるらしい。
 無線LANに接続すると、パソコンからネットワークフォルダとしてtouch内のフォルダが見えるようになる。
このフォルダーに必要なファイルをコピーするとiTunesを経由せずに、ファイルをtouchに格納できる。

 touch側では、このフォルダー内のファイルを見る事ができて、扱えるファイルもOffice系のファイルやPDF,動画・静止画の各種フォーマットなど、いろいろ扱えるところがすごい。
詳細は、nikkei TRENDY netで紹介されている

 電話で問い合わせを受けて、ちょっと資料を確認したい時など、すぐ確認できて仕事でもとても役立っている。
仕事で活用するためのキラーアプリと言ってもいいと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

文化祭でカセットコンロが爆発

東京都豊島区の高校の文化祭で、カセットコンロが爆発し15人がけがをする事故が発生した。
4台のカセットコンロに2枚の鉄板を載せ、焼きそばを調理中の事故のようだ。

 以前、「カセットコンロで炭に着火してはいけない」という記事で、カセットコンロで炭に着火してはいけない、ガスカートリッジ部分まで覆うようなフライパンなどを使うと、輻射熱でカートリッジが過熱して爆発すると紹介しましたが、このニュースを見て、やはり事故が起きたかと思いました。

本日のブログのアクセス解析を見ると、「カセットコンロ 爆発」というキーワードの検索が多く、Googleでは今時点で、このブログの記事が3位に表示されていました。 

 ネットの世界でも、いかにこの危険性が紹介されておらず、世間に認知されていないかが判ります。

 教師や学生の誰かが知っていて注意していれば防げた事故なのに、残念です。

 この事故では、おそらく教師が責められるのでしょうが、企業なり国民生活センターなりが、危険性を広めるべきではなかったのかと思います。

 また、ガスコンロにも温度が高くなると色が変わるようなシールを貼るなど、製品の工夫が欲しいですね。
もっとも、最近は中国製が多いのかもしれませんが・・・

 日本ガス石油機器工業会で、ガス石油機器の安全な使い方に関する紹介ページがあります。

 この中の、アウトドアでの注意のチラシから危険な使い方を紹介しておきます。
1)テント内ではランタン、こんろ等のガス器具を絶対に使用しない。
2)こんろ等を2台以上並べて使用しない。
3)こんろで炭火等をおこさない。
4)ガスカートリッジを火気や他の熱源の近くに置かない
5)砂浜・河原・舗装路面等ではガス器具を使用したり放置しない
6)ガスカートリッジは高温になる車内等には放置しない。
7)風よけのためであっても、ガス器具及びガスカートリッジ全体を囲み、ガスカートリッジが過熱するような使用をしない。
8)こんろで輻射熱が大きい調理器具を使用しない。

 こういった危険性をちゃんと理解しておきたいですね。

 話はとびますが、最近オバカなタレントが基本的な漢字も読めない状況を見ていると、注意書きで危険性が書かれていても理解できない人もいるのだろうなと、最近感じています。

大人が使用する事を前提とした商品の場合、小中学校で習うレベルの漢字を使いなさいとか、難しい単語は使ってはいけないとか、注意書きを書く基準みたいなものは決まっているのでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ペットボトルの水で入れるシャワー

被災後の生活で大変な事のひとつに入浴できないという問題がある。
不快感だけでなく、感染症など病気への懸念があり、深刻な問題だ。

 過去の避難所の報道では、自衛隊がお風呂を設置し、喜ばれるという映像を見るが、首都直下型地震など被災者の数がケタ違いに多い場合は、あまり期待できないだろう。

 8/18のWBSトレたまで、「エクラシャワー」を紹介していた。

 0.3ミクロンのマイクロミストを循環させ、消臭・除菌するもの。15~30分で効果があるようだ。
元々美顔器の全身版として開発され、今回介護用として商品が発売される。
10分程度で簡単に組み立てられ、100Vの電源があれば動かせる。 2リットルの水で1時間程度使用できる。

 行政が発電機とともに配備し、通常は介護用として被災時には一般の人に提供するといった使い方ができるのではないだろうか。

 この記事を書いている最中に、8/19のトレたまが放映された。 
今日の紹介は「ウォータゲート」。土嚢の代わりに浸水を防ぐもの。
昨年のRISCONで展示されていて、興味を持った商品だ。
 あっという間に水かさが増す昨今の集中豪雨などでは、危ないと思ってから土嚢を積んでも遅い。
こんな商品があれば安心かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 18, 2008

省エネしつつ防災にも役立つ?日射熱反射シート

(独)産業技術総合研究所は、窓ガラスに張れる日射熱反射シートを開発した。
78%の採光を確保しながら、日射熱の透過を約6割カットできるそうだ。

 防災にも役立つとは紹介されていないが、シート素材は耐衝撃性の強い素材の0.5mm厚のポリカーボネイトが使われている。

 現在の建物は、窓枠に耐震性があり、地震により窓ガラスが飛散する危険性は低いと言われているが、高層ビルでの地震動の実験を見ていると多くの什器が移動する、什器類が窓ガラスに当たり割れる事は充分に考えられるのではないかと思っていた。

 地震対策のために、防災フィルムを全窓ガラスに貼るというのはコスト面でなかなか難しいと思うが、日射熱をカットし省エネになり冷房費が節約できるとなれば、導入のための強い動機になる。

 省エネのために貼った日射熱反射シートが、被災時の窓ガラス飛散の危険を減らすのであれば、すばらしい事だ。
 そして、冷房のために排出される熱が減れば、ヒートアイランドなどの低減につながり、ゲリラ豪雨の発生も抑えられるだろう。

 単に「防災のために備えよう」といっても、コスト面などでメリットがなければなかなか導入は進まない。
この製品のように、コストメリットがあり防災にも役立つといった商品が開発され・普及する事が、防災に強い街づくりには欠かせないのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

September 17, 2008

降雨情報の心強い味方登場

今年は集中豪雨が多いと感じている方も多いだろう。「ゲリラ豪雨」という言葉も今年生まれた。
首都圏での降雨情報を提供するサイトとして「X-NET」が試験公開された。

 防災科学技術研究所、中央大学、防衛大学校に設置されている4基のXバンドレーダの観測結果を500mメッシュで、ほぼリアルタイム(5分毎)で掲載する。 

 今まで防災科学技術研究所の観測結果しか公開されていなかったが、4基のレーダの観測結果の合成により、リアルタイムに風向・風速が計測できるようになった。

 これにより、500mという細かな単位で、降雨強度、風光、風速が判るようになり、局地的で動きの早いゲリラ豪雨でも把握できるようになった。

 残念な事に携帯サイトはないのだが、ひどい雨が降りそうな時は、出かける前にチェックしたいサイトだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 11, 2008

「都地下空間浸水対策ガイドライン」策定

東京都は、「東京都地下空間浸水対策ガイドライン」を策定し、公表した。

内容は、
1.地下空間の浸水危険性と周知
2.浸水被害の防止・軽減対策
3.公民の役割分担
となっている。

 最近は集中豪雨が増えており、台風シーズンを控えて、いつ水害に遭遇するか判らない状況。
都民だけでなく都市に暮らす人には、参考になると思う。

 都内には63,000箇所の地下空間があり、約37%が地下街など公共の場所、約4割が事務所等、23.5%が共同住宅となっている。
 地下鉄の駅だけでも280箇所、最も利用者の多い東京駅の八重洲地下街は1日15万人が利用しており、都市生活者にとっては、日常的に利用する場所だけに水害に対する危険性は知っておきたい。

 実際に平成11年9月の渋谷地下街への浸水、平成5年8月の赤坂見附駅等での冠水の例もある。

地下空間での危険性として、以下の4つをあげています。
1)地上の様子が判らず、避難の判断が遅れがち。
2)地上が冠水すると、一気に水が流入し、避難が困難になる。
3)水圧でドアが開かなくなる。
 ※外開きの場合は水位が26cm、内開きの場合は47cmでドアが開かなくなる。
  内開きでも、ドアの留め金が押し付けられるので開かなくなる。
4)浸水により停電する。

 この他、中小ビルや個人住宅での危険性、簡易防水工法、インターネットによる情報提供、助成金など、詳しく紹介されています。

 また、東京都は浸水予想図を都内全域で完成し、ホームページで紹介しています。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 08, 2008

荒川洪水で1週間以上浸水、死者最大2100人

中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」は、1000年に1度の発生確率の洪水による氾濫による被害想定をとりまとめた。 資料概要は、こちら

 洪水の時に、排水ポンプが機能しないケースが考えられ、この場合堤防(埼玉県川口市)決壊から24時間後には、116万人の居住地域が浸水し、1週間後でも95万人の居住地域が浸水している。

 200年に1度の発生確率の洪水による死者数は、墨田区墨田地先で堤防が決壊した場合に最大で、排水施設が稼働しない場合の死者は2100人。

 1000年に1度とか200年に一度という発生確率を聞くと、「生きているうちに遭遇する事はないだろう」と考えてしまいがちだが、このところの豪雨のものすごさを経験すると、「明日起こるかもしれない」と考えたほうが良さそう。

 大地震の場合は、備えさえしっかりしていれば被災後すぐに復旧へ向かって活動ができるが、1週間以上続く浸水となると、地震よりたちが悪いかもしれない。

 水が引いたあとの後始末も重機で一気に片付けられる性格のものではなく、手作業でかなり手間の掛る作業だろう。 感染症の発生も心配だ。

 地震では3日分の食料備蓄をと言われるが、洪水や新型インフルエンザの流行を考えると、1週間以上の備蓄が必要でしょう。

 長期保存可能な食糧を備蓄するのではなく、普段の生活で使っているもので、ライフラインが停止しても調理可能なもの(カセットガスコンロなどで調理できる)を多めに買い置きする習慣をつけたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 07, 2008

地面に接していなければ揺れないという発想-Air免振

さまざまな免振システムがありますが、見えないところで揺れの影響が出ているのではないかと不安もあります。
 地震が来たらホバークラフトのように家を浮かせてしまい、地震の揺れを受けないようにしようという発想の免振工法があります。

 その名も、「AIR免振」。

地震が発生した瞬間に、圧縮空気で家を約24cm浮上させ、加速度を1/20に減衰するとか。
費用は350万円程度。

 実にユニークな発想の免振工法ですね。
たしかに、浮かせてしまえば振動周波数とかも関係ないし、揺れのストレスによって影響が残る事も考えにくいです。
 
 ついでに浸水被害の時は、家ごと浮いてくれると良いのですが・・・
まあ、配管・配線などの問題で無理でしょうけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

September 05, 2008

リケンの教訓は、BCP策定に参考になる

新潟中越沖地震で被害にあった、リケンの被災と復旧の状況が、「SAFETY JAPAN」で公開されている。
 国内最大のサプライチェーンである自動車産業の一翼を担う企業の被災という事で話題になった企業だ。

復旧に際しては、国内自動車メーカーが積極的に支援を行い、短期間に復旧を実現している。
企業(特に製造業)のBCP策定にあたってとても参考になる記事だと思います。

 この記事を読む時に「もしBCPが策定されていたら?」を気にしながら読んだのだが、「BCP策定委員会」みたいな組織で作ったBCPがあったとしても、あまり役に立たなかったのではないかと感じた。

 工場や製品の特性を考慮し、現場を巻き込んで何度も練り上げていく、そんなBCPの作り方が必要だ。
雛型のBCPを自社流にアレンジして(スタートはそれでも良いが)、BCPが完成したと思ったら甘いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 01, 2008

危機感が身近になった防災の日

今年も「防災の日」がやってきました。
 先週は、東海・関東・中国・東北地方を記録的な豪雨が遅い、中国四川では8/30にM6.1の地震が発生、アメリカではハリケーン「グスタフ」がニューオリンズに上陸、30万人が避難という、災害のニュースを聞かない日はありません。

 「いつ災害に遭うか判らない」を実感できる「防災の日」になったのではないでしょうか?

どんな災害でも、共通の考え方は以下の三つだと思います。

 ・事前には「具体的なイメージを持ち、備える事」 
 ・危機が判った段階で「正確な情報を入手し、早めに行動する事」
 ・被災後は「人命最優先で、状況把握を迅速に行い、優先度に応じて対応する事」

さまざまな災害を「明日は我が身」と捉えて、日頃から備え、いざという時は冷静に対応したいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)