« 文化祭でカセットコンロが爆発 | トップページ | iPhone,iPod Touchで助けを呼ぶ2 »

September 20, 2008

iPhone,iPod Touchで助けを呼ぶ

iPhoneやiPod Touch(以下、touch)は、公開されているプログラムを入れて使えるのが特長なのだが、ユニークなアプリケーションが結構ある。

 お気に入りのアプリケーションは幾つかあるのだが、一応ブログのテーマに関連するものを紹介したい。

・ライト関連
 touchで使えるライトのアプリは何種類かある。大きな液晶画面を懐中電灯の代わりに使ったり、ろうそくやライターの映像が表示されるものだったり、画面全体を指定した色で全画面表示するものだったり。
 私は、無料の「myLite Flashlight and Colored Strobe」。

 ストロボパターンで色を点滅させる。 あまり実用性はないとは思う。
 もし、救助を待つ身になったら、ヘリなどに知らせる役には立つのかもしれない。

 その延長で考えると、文字を入力して実行すると、指定した文字列をモールス信号に変換して、点滅して知らせてくれるアプリケーションがあったら役に立つのかもしれない。
 「けが人がいます」とか、モールス信号で救助のヘリに知らせる事ができたらいい。
 パイロットならモールス信号読めますよね、きっと・・・

 誰か作っていただけないでしょうか?

・touchをハードディスクとして使う。
 被災する事を考えると、大切なデータは持ち歩いていたい。 また、日々参照するようなデータはパソコンがなくても見れると良い。

 「Air Sharing」は、touchを外部ハードディスクとして使えるソフト。 今は無料だが将来有料化されるらしい。
 無線LANに接続すると、パソコンからネットワークフォルダとしてtouch内のフォルダが見えるようになる。
このフォルダーに必要なファイルをコピーするとiTunesを経由せずに、ファイルをtouchに格納できる。

 touch側では、このフォルダー内のファイルを見る事ができて、扱えるファイルもOffice系のファイルやPDF,動画・静止画の各種フォーマットなど、いろいろ扱えるところがすごい。
詳細は、nikkei TRENDY netで紹介されている

 電話で問い合わせを受けて、ちょっと資料を確認したい時など、すぐ確認できて仕事でもとても役立っている。
仕事で活用するためのキラーアプリと言ってもいいと思う。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/42539086

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone,iPod Touchで助けを呼ぶ:

コメント

はじめまして。通りがかりですが。
モールスで画面を点滅させるアプリ、もうありますよ。"Morse-It"というのをAppStoreで検索して下さい。有料ですが、たったの115円ですから。
私は昔アマチュア無線をやって覚えましたが、今どきのヘリの操縦士は、モールス符号覚えてるかどうかわかりませんけどね。
私は見てないので知らないのですが、崖の上のポニョで、光のモールス信号で何か知らせるシーンがあるらしいですね。

投稿者: Erlang (Sep 22, 2008 2:29:59 AM)

ERLANGさん、情報ありがとうございます。
"Morse-It"試してみました。 イメージ通りのアプリです。
 モールス表も見れるから、モールス信号の解読にも使えるかもしれません。

>今どきのヘリの操縦士は、モールス符号覚えてるかどうかわかりませんけどね。

 そうですね。「インディペンデンスデー」という映画で、そんな話がありました。
 現代の通信機器が使えなくなり、年配のパイロットが解読するといったようなシーンが。

投稿者: isana (Sep 22, 2008 11:57:38 PM)

テレビ朝日系「学べる!! ニュースショー!」のスペシャル番組で、ヘリにデジカメのフラッシュで救助を求めたという話の中で、光の強さ(明るさ)の実験をしていました。デジカメのフラッシュが群を抜いた明るさでしたが、このくらいの明るさでヘリからはようやく気づいた程度とのことでした。現実に使える身の回りのものというのは普段の発想だとなかなかみつけるのは難しいものだなぁと、思ったしだいです。番組の内容をメモした他の方の記事のURLをつけておきます。ttp://blog.livedoor.jp/lvhideki/tag/%A5%D5%A5%E9%A5%C3%A5%B7%A5%E5

投稿者: bugna (Oct 7, 2008 11:48:18 AM)

BURGNAさん、コメントありがとうございます。
成程、デジカメのフラッシュで助けを求めるですか、知っておくといいですね。

 以前紹介した、ハイマウントのLEDストロボライトが1マイル先から視認できるそうです。
おそらく1Wはない高輝度LEDでしょう。
 ハイパーレスキューなどが採用しているストロボライトは2km先から視認できるようなので、1マイル強程度。

 救助を期待するなら、高輝度LEDのストロボ機能があればなんとかなりそうです。

 Touchの画面ではきびしいでしょうが、ないよりましですか。

投稿者: isana (Oct 11, 2008 1:17:36 AM)

コメントを書く