« 自治体の新型インフルエンザ情報発信はわずか1割 | トップページ | 被災時に役立ちそうなソーラグッズ »

December 27, 2008

新型インフルエンザ 都内で初期診療対策済みは僅か10自治体

前の記事に関連しますが、12/26日経新聞に「新型インフル 初期診療設置10自治体」という記事が掲載されていました。

 東京都が都内の自治体に対し、新型インフルエンザの流行時に初期診療を行う「発熱外来」の接地医療機関を決めているかどうか調査したところ、62市区町村のうち決定済みは僅か10自治体のみだった。

そして、感染の疑いがある人が電話相談などを行う自治体が設置する「発熱センター」の設置場所を決めたのは25自治体。

 また、今年9月に都内651の医療機関を対象に行った調査では、
新型インフルエンザに特化したマニュアルをもつのは8%。 訓練・研修を行ったのは7%程度だった。

私の住んでいる東京都葛飾区は、成田空港へも羽田空港へも電車で乗り換えなしに行ける場所で、大きなスーツケースを持った人を見ない日はない地域です。

 いつも思うのですが、新型インフルエンザが日本に入ってきたら都内でも早く感染が広がるのではないかと心配しています。
 それもあって、電車内では必ずマスク着用し、手洗い・うがいにも気を使っています・・・

 大都市の初期に感染が広がる可能性の高い自治体では、感染防止に特に力を入れなければならないと思います。

 みなさんのお住まいの自治体では、発熱外来の設置は決められているでしょうか?
今後、自治体の広報誌などでそういった情報も提供されるでしょうから、新型インフルエンザ発生のニュースの前に、しっかり把握しておきたいものです。


 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/43540084

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ 都内で初期診療対策済みは僅か10自治体:

コメント

おはようございます。

発熱外来、大学病院に確認して見ましたら・・・全く反応なしです。TV番組でも疑わしい場合には所轄の保健所に電話して指示を受けるとありましたので保健所の確認もとりましたが、未だその体制は確立できていません。
どうもTV報道が先行し、その報道の質問説明に奔走しているのが実情でしょう。
宮古島の大規模訓練が参考になります。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/pandemic/cooperation/200811/508657.html
年末年始の長い休暇が気になるところですね。防災同様、初期体制の整備に時間がかかり過ぎる点を危惧しています。

今年一年間、お世話になりありがとうございました。
災害の少ない良いお年をお迎えください。

投稿者: ippo248 (Dec 27, 2008 10:16:13 AM)

IPPO2448さん、こんばんは。
宮古島の事例ご紹介ありがとうございます。

行政サイドも医師会との調整など大変なのでしょうが、1自治体の対応の遅れが、全国へ影響する事も考えられるのですから、国が主導で進めないと難しいのでしょうね。

 いつもコメントをお寄せいただきありがとうございます。 お世話になりありがとうございました。

投稿者: isana (Dec 27, 2008 11:09:26 PM)

コメントを書く