« ちょっと気になる。富山湾の異変 | トップページ | 食糧の自給自足は多少考えないといけない。 »

February 28, 2009

被災時に「伝える」手段を考える

もし被災した時、家族や知人と連絡を取る方法について考えてみます。
災害伝言版サービス「171」については、もうみなさん御存じでしょう。
ちなみに、毎月1日は災害伝言版サービスの体験利用ができる日です(各キャリア共通)。
まだ、試した事のない方は、家族・親族と連携して一度は試してみましょう。

 また、NTT固定電話の番号で連絡を取るのか、個人の携帯電話で連絡を取るのか、事前にちゃんと申し合わせておくべきでしょう。

 DoCoMoでは、最近機能追加がありました。
安否を知りたい相手のメッセージが登録されていない場合、連絡を求める旨を登録する事ができるようになりました。 また、誰が安否連絡を待っているのか確認する事ができます。

 2009年防災検定にも出題されましたが、災害伝言版サービスの登録可能なメッセージ数は10件で、11件目以降は古いものが消され、新しいメッセージが登録されます。
 また、登録できる任意のメッセージ文字数は、100文字です。 簡潔に必要な情報を伝えたいですね。

 そして、電話で要件を伝えたい場合ですが。 一般に被災地外から被災地への電話がもっとも掛けにくくなります。 被災地から被災地外へは比較的通じやすくなっています。 もちろん、被災地外同士は支障なく連絡できます。
 そこで、被災地から離れた処に住む親戚などに連絡し、状況を知りたい人はその被災地外の親戚に連絡する方法があります。
 電話がさっとうすれば、(命に関わる)大切な連絡ができない人も出てくるので、このような方法を使って被災地への電話を掛けるのはなるべく避けるべきでしょう。

 次に、電話・メールが使えない場合です。
阪神淡路大震災などで見られたのが、倒壊家屋の前にダンボールに書かれた「○○避難所にいます」といったメッセージ。 そして、避難所に無数に貼られたメッセージ。

 非常用持ち出し袋の中には、太いマジックなど筆記具も入れておきたいです。

 最近見つけた役に立ちそうなグッズとして「キットパス」という、固形マーカー。
一言で表すなら、口紅のようなパラフィンでできたマーカです。 色は12色。
どんな場所にも書け、雨で濡れても流れないようです。

 ガラスや金属などの平滑面なら、濡れた布で拭けば簡単に消す事ができます。
私はホワイトボードマーカーの代わりに使っています。
単色ばら売りだと、1本157円でホルダーが付いているので折れたり、他を汚す心配がありません。

 多くの人が使うのは、黒か赤のマジックでしょう。 グリーンなどあまり使われない色でメッセージが書かれていれば、目に付き易く探し易いのではないでしょうか?

避難所の小学校などでも、窓ガラスを伝言版として使えるので、学校などで備えてくれると良いのですが。

 多くのメッセージの中から、家族や知人のメッセージを探すのは大変です。
あらかじめ家族や知人と、メッセージのルールを決めておくと良いですね。

 たとえば、最初に判り易いシンボルマークを書いておくとか。

家族で防災について話す機会があれば、連絡方法についても取り決めておきたいですね。

 

 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/44201758

この記事へのトラックバック一覧です: 被災時に「伝える」手段を考える:

コメント

おはようございます。

H7がどうたらこうたら・・・管轄は農水省?縦割り行政の歪みが出なければいいのですが・・・
危機管理省でもあれば、と思います。
私は自宅籠城前提ですから伝言は余程の事がなければ必要ありませんが、被災後何処に集まるのか?その場所の何処が伝言に最適なのか?置手紙はどうするのか?
大切な事だと思います。
しかし、益々静かになりましたね。不景気の不安が生じさせるイラツキが防災意識の低下に繋がっているのでしょうか?

投稿者: ippo248 (Mar 2, 2009 7:32:20 AM)

コメントを書く