« いつものメガネで、花粉・インフルエンザ対策 | トップページ | 期待したい国産インフルエンザ新薬 »

February 15, 2009

東海地震、震源よりも首都圏が揺れる!

東海地震や宮城県沖地震が発生すると、長周期地震動による揺れが震源地近くよりも首都圏のほうが揺れるという研究が発表された。

 東京大学のこうけつ教授(字が難しい・・・)による研究で、東海地震では周期7~10秒で約200センチの速度の揺れが、震源の真上の静岡県内ほか東京都区部、神奈川県東部、千葉県北西部などで起きると予測している。

 平野部では長周期地震動で揺れやすいという話は以前から言われており、宮城県や新潟県での地震の際、首都圏より震源に近い場所よりも東京のほうが揺れている。

 高感度地震観測網Hi-Netで見られるアニメーション動画などを見ても良く判るし、体感しています。

また、千葉県の地震で六本木ヒルズのエレベータが止まるなどの幾つかの被害も実際に出ているので、ご存知の方も多いのではないかと思います。

こうした経験を踏まえ、長周期地震動に関する研究も行われ、高層ビルのエレベータの長周期地震動対策なども進みつつあるようです。

 ただ、国や首都圏自治体の東海地震の被害想定や活動要領では、長周期地震動による揺れが首都圏でも同程度という想定はされていない。

 主要都市のある平野部で、長周期地震動による被害が大きければ、震源そばの被災地に対する救援についても大きな問題が出てくるはず。

 超高層ビル、巨大な橋などの耐震対策が、どの程度長周期地震動を考慮した対策がなされているのか疑問がありますし、北海道で発生したような巨大石油タンクでの火災が複数発生すれば首都圏は大混乱となるでしょう。

 長周期地震動による震源地付近以外での被害想定を行い、活動計画の見直しが必要だと感じました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/44064337

この記事へのトラックバック一覧です: 東海地震、震源よりも首都圏が揺れる!:

» 地震 2月1日 [youtube最新動画ニュース☆から]
送料無料! 【即納】2009年モデルBF3905(W) アラジンブルーフレーム ホワイト(アラジンストーブBF3905-W)【防災・地震・非常・救急 SA】【送料無料_090126】商品価格:28,770円レビュー平均:4.74 (検証)岩手沖・M 6 地震昨日、東北でマグニチュード6というそこそこ大きな規模の地震が起きました。 こちらが詳細 ここ半月くらいの間、行徳のグラフがわりとずっと不安定なわけですが、「結果が出ていなかった反応」としては、こちらの2月8日の反応が該当します。 ...(続きを読... 続きを読む

受信: Feb 16, 2009 3:39:34 PM

コメント

断層帯と人間生活圏、見事に一致するそうです。
まるで深海で湧き上がる熱床に硫化水素を酸素の様に使う生物と似ているように思われます。
天災をも利用して生き続けるのが生物の宿命かも知れません。
震源地によって違う揺れ方、案外厄介なシロモノでしょうね。
地震発生毎に違う揺れ、前回とは全く違う!ことも心得るべきかもしれません。

投稿者: ippo248 (Feb 18, 2009 5:38:09 AM)

コメントを書く