« 新型インフルエンザ 次の展開を想定した備えを | トップページ | パンデミックシミュレーション »

April 30, 2009

さらなる新型インフルエンザ発生の可能性が

豚インフルエンザの話題で持ちきりだが、従来より懸念されていたH5N1鳥インフルエンザによる新型インフルエンザが発生する可能性がなくなった訳ではない。

 とても気になるニュースがあった。「豚から鳥インフル(H5N1)・・・インドネシア」(4/29 Yomiuri Online
インドネシアの豚が高い確率で、高原性鳥インフルエンザウィルス(H5N1型)を持っている事が、神戸大感染症センターの調査でわかった。
 調査対象の402頭の1割強の豚からH5N1型が検出され、そのうちの1株は人への感染力を一部獲得していた

 今回の豚インフルエンザ(H1N1)はもともと弱毒性で、現状死亡例はメキシコに集中している(4/29アメリカで子供の死亡例が1例発生)。 また、2次感染は報告されていない。
 
 一方、かねてより新型インフルエンザになる確率が高いと言われていた高原性鳥インフルエンザウィルス(H5N1型)は強毒性で過去のパンデミックを起こした新型インフルエンザを上回る感染力と致死率を持つと言われている。

 豚インフルエンザの流行が一段落したら、鳥インフルエンザ由来の新型インフルエンザが流行するといった事態も考えられる。

 世界中が今回の豚インフルエンザ流行を教訓として、次の新型インフルエンザの流行をできるだけ防がなければならない。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/44838320

この記事へのトラックバック一覧です: さらなる新型インフルエンザ発生の可能性が:

コメント

コメントを書く