« 小さな地震で耐震診断 | トップページ | 市町村別新型インフルエンザ感染者マップ »

May 22, 2009

洗足学園の対応の是非

首都圏で初めての新型インフルエンザ感染者となった、洗足学園の女子校性についてのニュースが首都圏ではさかんに報道されています。

 新型インフルエンザの流行が話題になっていた11日から渡米した事について、「中止すべきだった」といった意見も出ているようです。


 報道で伝わる内容を見る限り、結果として感染してしまったが、適切な判断と対応だったのではないかと思います。
 校長が会見で涙を見せたから同情的になった訳ではありません。

個人参加のイベントであり、事前に両親・本人ともリスクについて協議し、合意の上で渡米した事。
渡米中も人の多い場所に出入りしたものの、現地の人の多くがマスクをしていない中で、ほとんどマスクをしていた事。 手洗いなども頻繁に行っていた事。

 帰国後も登校せず(すでに発熱していたせいでしょうが)、学校側も情報を公開し、近隣住民や生徒に配慮し、感染者は登校していないが休校とした事。

 感染するリスクを判断し、必要と思われる対策を行ったが、感染してしまったが感染は広まっていないという状況だと思います。

 一方、神戸の高校では渡航歴がないものの、季節性インフルエンザの季節ではないのに発熱者が続出していたのに対応せず、他校との交流試合に参加するなどして、感染が広まってしまっています。
 国内での二次感染が発生していない時期ではありましたが、水際対策が完全でない事は十分判断できたはずです。

この二つの事例は、とても参考になると思います。
危機管理では、リスクに対する対策として「保有」「移転」「回避」「最適化」があります。
・「季節性インフルエンザと同程度の健康被害だから、かかっても大した事がない旅行に行こう」 が「保有」
・「感染が怖いから旅行は取りやめよう」が「回避」
・「注意して対策を充分行って、旅行に行こう」 が「最適化」
・「移転」は良い例が思い浮かびません・・・ 通常は保険を掛けるとか、外部に依頼するといった対処です。

洗足学園の例は、「最適化」を選択したが感染し、しかし被害は広がらなったという例でしょう。
神戸高校は、「保有」に当たるのでしょうが、リスクを正しく評価できていなかったのでしょう。
修学旅行の中止や、休校は「回避」ですね。 もっとも「責任回避」かもしれませんが・・・

神戸の感染拡大で、一斉に休校処置にしたものの、高校生が繁華街で遊び歩いていたり、保育園に預けられない親が働きにでる事ができないなどの弊害も出ていますし、関西方面への修学旅行も中止が続いています。

 休校にしても高校生が繁華街でたむろしていては、新たな感染リスクが生まれます。

 今後も国内での感染は広がるでしょう、様々な判断を求められる場面も出てくるでしょうが、こういった事例を参考に、リスクを正しく評価し、感染拡大を防ぐ適切な対策を取っていただきたいと思います。

 余談ですが、政府がさかんに「冷静な対応を」と言っていますが、冷静な判断をするための材料や基準が示されていないと思います。

 また「冷静な対応」という言葉から、「神経質になりすぎ」を連想し、「楽観的な対応」と思われるのも困ります。

 
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/45087904

この記事へのトラックバック一覧です: 洗足学園の対応の是非:

» 洗足学園 住所 [主婦の井戸端ニュースダイジェストから]
新型インフルエンザ 確かに感染してしまったのは仕方ないし、この様時期にアメリカに行ったのは軽率だったとは思いますが、何も不幸な事になった訳じゃないんだから、洗足学園の学長さんは、別に泣かなくてもいいのにと思いました。 また何となく報道が誇張している気がし ...(続きを読む) 洗足学園高校 Yahoo!知恵袋から「洗足学園高校」を検索した結果.(続きを読む) 新型フル、騒ぎすぎじゃない? 今日テレビで洗足学園の校長先生が記者会見してたけど、涙を浮かべて、ご迷惑をかけて申し訳ないと誤っていた... 続きを読む

受信: May 22, 2009 2:17:52 AM

» 川崎市 洗足学園 [youtube動画最新ニュースから]
日本伝統文化振興財団 洗足学園音楽大学 現代邦楽研究所主催 東京・邦楽コンクール2008 第5回東京・邦楽・コンクール本選会ラ商品価格:2,793円レビュー平均:0.0洗足学園広がりを見せている新型インフルエンザに少し 過剰反応をしているような気もしますが、 洗足学園の高校生がアメリカから帰国後、 新型インフルエンザ感染が確認された。 洗足学園関連商品はこちら 洗足学園.(続きを読む) 洗足学園 新型インフルエンザ【新型インフルエンザ対策】3層マスク TDK-N95 50枚セット 【緊急入荷】世界... 続きを読む

受信: May 24, 2009 12:23:53 AM

コメント

おはようございます。

マスクの着用、一般論では効果ありですがキャップ・ゴーグルまで・・・個人個人の判断と自己責任で・・・
女子高校生の談話が申し訳ありません、では可哀そうです。そこには出かけない、のが一番でしょうが参加を断る強い意志がなければ不参加の決定は出来ませね。

防疫には絶対はあり得ない!なのにマスクの品質検査の医適規格もあいまいですからマスクをしていても感染してしまう危険性が存在する事になります。

一方、季節性インフルエンザの学校閉鎖状況でも、感染しない人は全く感染しない。なかには保菌者であっても発症しない厄介な問題まで抱えているようです。体質、運まで左右する防災の結果ですが、防疫もよく似ていますね。
手持ちのマスクを何時、どの様な場面で使うのか?マスクは使えばなくなり、食糧も毎日必要です。使わない、食べない工夫も今のうちなら出来ますね。

投稿者: ippo248 (May 22, 2009 5:12:21 AM)

IPPO248さん、こんばんは。
1957年以前の生まれの人は免疫があるとか、糖尿病患者は重症化するとか、季節性インフルエンザと同程度といいつつ不明な点が多いのが気になりますね。

鳥インフルエンザ由来の新型発生も否定できず、先が見えないので備蓄品が足りなくならないか不安ですね。

投稿者: isana (May 22, 2009 10:53:23 PM)

コメントを書く