« 市町村別新型インフルエンザ感染者マップ | トップページ | 新型インフル ついにフェーズ6に »

June 03, 2009

新型インフル 小康状態だが

新型インフルエンザの流行も小康状態のようですね。 毎日ポツポツと海外からの帰国者の感染のニュースはあるものの、神戸の高校生のような国内でのヒトーヒト感染の例は少ないようです。

 しかし、アフリカ大陸での初感染が確認されるなど、世界では感染が確実に広がっています。
特にこれから寒い季節を迎える南半球での、感染拡大が懸念されており、WHOも警戒レベルをフェーズ6にあげる事を検討しているようです。

ニュースで報道される機会も減ってきたので、安心感が広まり、感染が増えるのではないかといった心配もあります。
 
 一方、修学旅行のキャンセルや国内旅行を控える事により、関西の観光やJRなどは大きな影響を受けたようです。 6/3に兵庫県知事が安心宣言を出しました。 

 今回の新型インフルエンザの対応について、鳥インフルエンザ由来の強毒性のインフルエンザを想定したものであり、過剰な対応だったといった声もあがっていますが、どうなのでしょう。

 私は、新型インフルエンザの正体(病原性・感染力など)が判るまで、強毒性を前提とした徹底的な対応をするのが正しく、混乱はあったものの、ほぼ適切な対応だったのではないかと感じています。

 ただ、毎回大臣が感染者の報告をするのは、張り切りすぎだったのではないかと・・・

 今回は、「いきなり強毒性がはやると、世界が大変な事になるから、弱毒性で警告してやろう!!」と誰かが警告のために発生させたのではないかと考えてしまいます。

 「騒いでいた割に大した事なかった、こんなもんか」と決して思わずに、「弱毒性でもこれだけの経済被害が出たのだから、これが強毒性だったら・・・」 と考えるべきなのでしょう。

今回の事態を教訓に、 秋以降の次のインフルエンザシーズン到来に備えて、万全の準備をしてください。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/45226857

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフル 小康状態だが:

コメント

コメントを書く