« 新型インフル 人に感染しやすく変異? | トップページ | 新型インフル タミフル耐性見つかる »

June 22, 2009

マスクはカップ型クッション付きが安心らしい

マスクの品薄状態が続いています。 高機能なN95マスクを買う人も多いようですが、どんなに高機能なマスクでも空気の漏れがあっては効果が半減してしまう。 ちゃんと意識して使う人は少ないようです。

 マスクの種類によっても適切な装着がし易い物とそうでない物があるようです。
フィッテングテストのできない一般人は、装着適正率が高い商品を選びたいですね。

 日経メディカルオンラインに「あなたを守るはずのマスクは本当に大丈夫なのか」という記事が公開されています。

 佐賀大学)井本氏らの調査によるN95マスクのエア漏れ率を調査した結果などが紹介されています。
マスクの種類によっては、フィッティングの指導直後であっても24%しか適切に装着できていなかったそうです。
 また、指導直後は適切な装着ができていても半年後には2~18%も装着適正率が低下するとか。
定期的な装着指導とフィッティングチェックが重要と指摘されています。

マスクの種類によって装着適正率に差があるようです。
もっとも装着適正率が高い順に、「接顔クッション付きマスク」「ノーズクリップ付きマスク」「ペリカン型マスク」。

 特にペリカン型では、指導後であっても装着適正率は24%と低く、指導を受けなければ僅か10%と低い。

 また別の調査では説明書未読状態で装着した場合と、正しい装着方法を知り4回目の装着の場合で適正装着率を比較している。
 説明書未読では、最低で6.1%しか正しく装着できていない。最高でも74.1%。 一方、正しい装着方法を知り4回目の装着では最高で93.4%、最低で27.3%の適正装着率だった。

 この調査では、接顔クッション付きカップ型が最もよく、以下カップ型、折りたたみ型、くちばし型、カップ型の順。

自分の顔にあったマスクを選ぶ事と、きちんと説明書を読み正しい装着方法を学ぶ事が大切だ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/45415585

この記事へのトラックバック一覧です: マスクはカップ型クッション付きが安心らしい:

コメント

コメントを書く