« NHKスペシャル 首都直下地震 | トップページ | 地震発生時に一つだけ持ち出すとしたら・・・やはり携帯 »

September 02, 2009

手回し充電器のレビュー・・・でも時代は変わった

以前は防災用品の紹介というと必ず出てきた、手回し充電機能付き防災ツール。
最近はあまり見かけなくなりましたが、日経トレンディのレビュー記事を見つけたのでご紹介。

 Sonyの「ICF-B02」、「充電たまご」、「マルチパワーステーション」のレビューが掲載されています。
私も最近は、この手の商品をチェックしていなかったのですが、「あまり進歩していないな。」というのが第一印象です。

 Sonyはおそらく1~2年前に発売されたと記憶しています。充電たまごは、マイナーチェンジで地震感知機能が付いた商品が翌年発売されたと思います。

 こういった商品ニーズが減りつつあるのではないでしょうか?
LEDライトは、年々確実に明るくなっていますし、最近は自然エネルギー志向の高まりから、太陽光充電機能付き携帯も発売され、携帯には地デジが標準装備されるといった状況です。

個々の機能は専用グッズのほうが、高性能で低価格、携帯しやすい商品も多いようです。

たとえば・・・

1)携帯の充電
[ソーラチャージャー eco2]
ストラップに付けられる太陽光充電器。 \1955円。 コネクタ内蔵。

以前、レビューでも書きましたが、手回し充電は結構疲れます。 あまり実用性は高くないようです。
最近は、避難所などでも携帯の充電器を用意するところもあるようですし、パソコンのUSB端子や車のシガーソケットからの充電器など、商品も多く安い商品たくさんありますから、外部バッテリーなどを予備として持っていればなんとかなりそうです。

 多くの携帯に、地デジ機能が付いている今、ラジオがなくても情報入手はできそうです。
 もちろん、携帯で電話がかけられない状況でも、地デジは見れます。
 データ放送もありますし、ラジオの必要性は薄れてきているでしょう。

2.ライト
今、小型LEDライトが日々進化しています。 小さくても500ルーメンで1万円以下で買えます。
LEDですから、実用点灯時間も長いので安心です。

手回しタイプ
私は自転車用に今愛用しているのが、手回し充電のLEDライト。 これは防災用にもおすすめ。
エレベータに乗っている間30秒程度回すだけで、数十分は使えていると思います。
幾つか手回し充電器を使ってみましたが、明るさ・充電のしやすさでは、これが一番実用的です。

常時携帯するライト
都市での生活では、停電したら昼間でも真っ暗になる場所がたくさんあります。
明かりは常時携帯していたいものです。 最小で実用性の高いのが、ストリームライト NaNo.
長さはわずか13mm、重さ10gなのに、10ルーメンで8時間点灯できます。
私は、携帯にこれを付けています。

 もしも、いまだに豆電球の懐中電灯をお使いでしたら、LEDタイプに変えるべきだと思います。

この他、最近はハイブリッド車ブーム。 大きななバッテリーを積んでいるハイブリッド車が急速に増えてきました。 プリウス・インサイトは標準でAC100Vを備えていないようですが、インバータが車に積んであれば電源には不自由しないでしょう。

以前の記事で紹介しましたが、エスティマ ハイブリッドではかなりの家電を賄う事ができていました。

被災時は電気の復旧がもっとも早いと言われていますし、電気についてはあまり心配しなくても済む時代が近いのかもしれませんね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/46094337

この記事へのトラックバック一覧です: 手回し充電器のレビュー・・・でも時代は変わった:

コメント

4年くらい前に買った手回し充電機能付のラジオを持っていますが、充電用ハンドルの摘み部分が根元から折れてしまいました。乾電池ではなく内蔵充電池でラジオを聴こうと、いつもグルグル回していてついには破損。
この部分の耐久性。ほかの商品はどうなんでしょう。
災害時でなくてよかったです。

手回し充電でも、ラジオの充電なら携帯電話への充電よりも充電されるし、電池もいらないのでボクは好きなんですが、携帯電話の充電方法も充実してきて、メーカー側もあまり乗り気でないんでしょうね。次はSONY製を買おうかと思っていますが、高輝度LED搭載とかマイナーチェンジをしてほしいです。

投稿者: h_tanzy (Sep 2, 2009 3:14:49 AM)

H TANZYさんは、日ごろから防災用品を活用されているのですね。 すばらしいです。
それがあるべき姿ではないでしょうか?
世の中には、防災用品を買っただけで、使い方も判らない人が多いかと思います。

 昔、東急ハンズの防災用品コーナを見ていると、こういった商品のハンドルが折れているのをよく見かけました。 やはり非常用という位置付けだから、耐久性は低いのかもしれません。

 最近はソーラ充電や外部バッテリーなど、USB出力できるものが充実してきています。100V→USB出力のアダプタも安く手に入りますし、かなり期待できる方法だと思います。

 エネループのソーラ充電器などもありますし、単四充電池の使えるラジオを使われてはいかがでしょう?

 

投稿者: isana (Sep 2, 2009 5:01:05 AM)

コメントを書く