« September 2009 | トップページ | November 2009 »

October 25, 2009

問われる気象庁の対応

先日本州に上陸した台風18号に関する驚いたエピソードがある。 10/24の産経新聞に掲載されていた。
10/8に上陸した台風だが、気象庁の発表は「愛知県知多半島付近に上陸」、一方ウェザーニュースは「三重県志摩市に上陸」と伝えた。

 これに対して気象庁から、「台風情報は気象庁のものに従うように」と指導があったそうだ。
どちらが正しかったか検証し、ウェザーニュースが誤っていたからこのような指導があった訳ではなく、気象庁とは異なる情報を勝手に流した事を問題にしている。

 素人目に見ても、ウェザーニュースの発表のほうが正しかったように思える。
気象庁の判断に意を唱えてはいけないという発想は正すべきだろう。

 限られた情報網から得た情報による判断なのだから、得られた情報から正しく判断したのであれば、たとえ結果が誤っていたとしても責める事はできないが、官の力をふりかざして異なる見解を封じ込めるべきではない。

ウェザーニュース社は気象衛星などの情報に加え、独自に一般の人から寄せられた情報を加味して判断をしている。

 実際この仕組みを使って、今シーズンのゲリラ雷雨警報も90%を超える精度で警報を出している。

民間は、独自の工夫や努力で付加価値を生み出し、それを評価した人や企業が有料サービスを利用し成り立っているのだから、誤った情報を伝えれば市場原理で淘汰されるだけだ。

気象庁の予報を完全に信じている人は少ないだろうが、世界の中でトップクラスのレベルだと多くの日本人が考えているのではないだろうか? 

 民間の予報のほうが当たるから、気象庁はいらないという発想には(私は)ならない。
余計なメンツは捨てて、世界のトップクラスの技術を磨きアジアに貢献して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 18, 2009

多様化するマスク

いよいよインフルエンザの季節。春に新型インフルエンザが発生したおかげで、シーズン到来には約半年の猶予があったせいか、最近ではスーパーの一角でもインフルエンザ対策用品を見かけます。

 そしてインフルエンザ対策用品もたくさん商品化されていますが、試しに買ってみてもその効果を確認する術はなく、商品の説明書きや○○研究所での実験結果といったデータで判断するしかないのが現状です。

商品の豊富さで言えば、マスクが一番でしょう。 1枚当たり数十円から数百円のものまで、たくさんあります。
私も以前から気にして商品情報を見ているのですが、よく判らないというのが正直なところです。

 通常はサージカルマスクで、米国FDAサージカルマスク基準準拠のもの。 家族が感染したり強毒性の新型インフルエンザが発生した場合に備えてN95基準準拠のマスクを買い置きしてあります。

ある程度の基準を満たせば、いくつかの商品を試して顔の形状にあった空気のモレのない物を選び、こまめに交換するのが正しいように感じています。

 日経Trendyで「高機能化するマスクで、新型インフルエンザから身を守る」という記事が掲載されていますのでご紹介します。

9種類の高機能マスクの仕組みの違いなどが紹介されています。

日経Trendyはかなり細かな商品テストをするのが通例ですので期待していたのですが、今回の記事は原理を紹介する程度で期待外れでしたが、さまざまな高機能マスクの仕組みの違いを比較検討するネタとしては参考になると思います。

紹介されていた商品の中で、以前から気になっていいるのが、クロシードの抗体マスク「フォルテシモ」。
ダチョウの卵から作った抗体をフィルターとして使ったマスクです。
 
 このマスク買ってみたいと思うのですが、20枚6720円と結構高く、その内通販で安いのが見つかるだろうとずっと見送っている商品です。
現状、在庫があって一番安そうなのが以下のお店です。

 ユニークで面白いと思ったのは、「ウィルガード」 。 このマスク耳にかけるゴムがないのです。
粘着剤で顔に貼るマスクで、N99認定マスクだそうです。

必要な時にはずせないし、これを貼って街中を歩く勇気はないので、日常生活での実用性はないでしょうね。
感染者の看病とか、そんな状況で使うためのマスクなのでしょう。
もし、強毒性のインフルエンザが流行したら、完全防備するためには安心かもしれませんね。

それから、マスクの消費期限は3年程度で、主にゴムの劣化によるものと聞きました。
ゴムのないこの商品が期限も長いのなら、備蓄向きかもしれません。

普段使いで、手頃な価格で良さそうなのは、白元の「ウィルスストッパー 立体タイプ」でしょうか?
30枚892円と手頃な価格で、入手し易く、息苦しさも少ないから、一番実用度は高いと思います。
こちらは10月下旬に発売予定だそうです。

今のところ市場には商品があふれているようですが、ちょっとした状況の変化であっという間に品薄状態になる可能性が高いので、商品の豊富な今、自分に合うマスクを見つけて買い置きしておきたいものです。

最後に、インフルエンザ対策は高機能マスクが大切なのではありません。 こまめなうがい・手洗い・リスクを避ける知識といった習慣に関わる事のほうが重要ですので、高機能マスクを買ったから安心ではない事にご注意ください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

October 10, 2009

感染、災害対策にオンラインストレージを活用しよう。

[防災・新型インフルエンザ対策としての、オンラインストレージ活用法]

仕事でパソコンを使う機会が多い人にとっては、重要データのバックアップは、防災上も関心を持つだろう。
個人レベルでもなくなっては困るデータは増えているだろう。

昔は、せっせと媒体(FPD,MO,DAT,Tape,外部ハードディスク,USB)にデータを取っていた。
8インチのフロッピーディスクにデータを保存していたなんて話すと驚かれるけど・・・ そもそも知らないか。
 
 外部媒体に保存している限り、火災や水害など災害に遭えば消失してしまう可能性は高く、不安は絶えない。

 最近はWebの高速化と進化により、インターネットを使った外部保存(外部ストレージ)にも実用性の高いものが増えている。 これらのサービスはバックアップ用途だけでなく日常の利用でもとても便利なので、ぜひ使いたいサービスだ。

 今とても便利に使っているのがDropboxというサービス。
 無料で2GBまで使え、20GBで月6.99$,50GBで月9.99$,100GBで月19.99$と有料版も手頃な価格だ。

データはアマゾンの運営するS3に保存され、信頼性も高い。 同じ仕組みを企業が自前で備えたら、とんでもない金額になるだろう。

 このサービスはバックアップのためのサービスではない、複数のパソコンで同じデータを共有するための仕組みだ。 会社と家のパソコン、自分のデスクトップとノートパソコンといった、今まではUSBメモリに入れて持ち歩いていたものがネットワークを介して共有できる。

 パソコン上のDropBoxフォルダに必要なファイルを入れれば、ネットワークが繋がった時に自動的に同期してくれるので、マイドキュメントのフォルダーの代わりにDropBoxフォルダを使えば他に何もする必要がない。

DropBoxをインストールしたパソコンは自動的に同期するが、インストールしていないパソコンでデータが必要になった場合は、Webページからデータを取り出す事もできる。

また私が気に入っているのが、iPodでの利用。 iPhoneとiPod Touchなら閲覧ができるので、出先で確認したいファイルがある時手軽に見る事ができる。 つまり見る可能性のある資料を持ち歩く必要がなくなり、膨大な資料も、たった115gのiPodがあれば足りてしまう。

 ただサービスを申し込んで、データを入れるフォルダを変えるだけで、これだけの便利さが手に入ると手放せなくなるサービスだ。

 また必要なファイルは共有する事もできるので、仕事のプロジェクトで資料を共有したり、大容量のファイルを送る手段としても便利だ。

 ファイルのバックアップは、最初はやっていたけど最近やっていないという話は良く聞くが、この方法なら確実にバックアップできる。

ぜひ上のリンクから、このサービスを利用してみていただきたい。(どうやら紹介すると250MB容量が増えるらしいので・・・使っていただけるとうれしい。)

 またメモやWeb上の情報の切り抜きなら、Evernoteというサービスがオススメだ。
「家のパソコン見れば情報が判るのに!」「この前見たサイトに載っていたのに」 といった事がなくなる。これもWebからでもiPodからでも見る事ができる。

 最近はブログのネタも、ここにメモっている。(その割には、更新が少ないと突っ込まないでくださいね。)

今は、家族や自分が新型インフルエンザに感染して、突然会社に行けなくなるという事態も十分考えられる。
他人が会社の自分のパソコンを見ても、何がどこにあるか判らない事も多いだろう。
 こういったオンラインストレージがあれば、自宅から必要なファイルを見て、電話やメールで処理できる事も多いと思う。

日頃から使っていなくて、突然会社に行けない事になっても、自宅で登録し会社にアドレスとIDを知らせ、そこに使いそうなデータを放り込んで貰えばすぐ使う事ができるので、覚えておいて損はない。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不測の事態に備えて携帯を活用しよう

先日の台風18号は2年ぶりに上陸した大型台風で、本州を縦断し、各地にさまざまな被害が出たようです。
台風の影響で、2か所で竜巻(と思われる)被害も出ました。

被害に遭われた方、影響を受けた方も多いと思います。

 首都圏では交通機関が大混乱。JR東日本管内だけで303万人もの方が影響を受けたそうです。

マクロミル社の首都圏に済む会社員を対象としたアンケートでは、通勤時間がいつもの倍以上掛かった人が6割。
2割の人は3倍以上の時間がかかったとか。

 また、通勤時に運行情報をどのように調べたかという調査では、駅のアナウンスや掲示を見る人が半分以上、携帯で調べた方が3割強だそうです。

 私もその場に居たら携帯で調べていたと思います。駅のアナウンスは全体が把握できていない気がするので。

今は携帯で何でも調べられる時代。 今回のような不測の事態に遭遇したらうまく活用したいですね。
 そのためには、使えそうなサイトはブックマークしておきたい。

 前置きが長くなりましたが、今回の台風18号から始まったサービスがあります。
デジタル台風」というサイトをご存知でしょうか? 国立情報学研究所の北本氏が運営しているサイトで過去~最新の台風のさまざまな情報が提供されています。

このサイトで、今回の台風18号からTwitterを使った、市民による台風情報を流す「twiphoon(ツイフーン)」のサービスが開始されました。

何度もご紹介しているウェザーニュースの「ゲリラ雷雨情報」でも、市民からの投稿を集めて観測機器では収集できない情報を分析し、正確なゲリラ雷雨予測を出しています。

 これを見て、市民からの情報収集もタイムリーに有益な情報が集まれば、実用に耐えるシステムになるのだと感心していました。

 このツイフーンもそういった存在になってくれればと期待しています。

 こういった技術は日本で熟成させて、海外に積極的に展開すると良いと思います。 
ガラパゴスと言われる日本の携帯電話システムですが、防災情報や先進技術に於いては最先端でしょう。
 防災情報の提供というセールストークで各国に売り込んだら、高い評価を得られるでしょう。

先日のスマトラ沖地震でも、防災情報の提供面ではあまり進歩がないように思われます。
高価で高性能な観測機器の整備と運用体制の構築に時間が掛かるなら、むしろ急速に増えている携帯電話網を使って、防災情報を提供したほうが確実な成果が出るでしょう。

 中国での携帯電話人口は、6億を超えており普及率も50%に届きそうです。 その中で携帯でネットを利用する人も急増しており、2億を超えるとか。 インドも携帯電話人口が4億を超え急速に増加中とか。

被害の多い農村部などでの普及率は低いでしょうが、時間の問題でしょう。近い将来、 村や町のえらい人くらい携帯持つ時代になるでしょう。

最後に私が携帯(docomo)に登録している防災に役立つサイトを紹介しておきます。
他キャリア用サイトもあると思うので、調べてみてください。

 台風19号も日本に向かうようです。不測の事態に不快な思いを減らすよう備えておきましょう。

[気象災害関連]
1)東京アメッシュ: 首都圏の雨情報 いつも助かっています。
 http://www-dual.north-jwa.gr.jp/i-official/tkamesh

2)ウェザーニュース: http://www.wni.co.jp/docomo

3)国土交通省 防災情報提供センター 河川、火山、気象警報、地震など総合的な防災情報
 http://www.mlit.go.jp/saigai/bousaijoho

4)福岡防災情報: 実家の災害も気になるのでサイトの登録と共にメールサービスも登録しています。
 各県にも相当するサービスがあると思うので、利用されてはいかがでしょう。

5)東京都防災ホームページ: 防災マップや医療機関案内もあります。
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/mobile

6)防災@Nifty 利用する鉄道の路線を登録でき、運行状況を確認できます。
http://bousai.nifty.com/i/

7)Yahoo!災害情報 天気、路線、病院検索、防災関連リンク集
http://rescue.mobile.yahoo.co.jp/

8)東京消防庁モバイルページ :救急病院案内,応急手当の手順など使えます。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/i/

9)NIED-mobile: おなじみ防災科学技術研究所の携帯サイト
 地震情報 Hi-netや強震観測網の即時情報があります。
http://www.bosai.go.jp/i/

この他、交通や地図関連では、
ナビタイム iアプリ
高速.jp
首都高モバイル
モバイルGoogle Map iアプリ
なども便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

October 06, 2009

インフルエンザ対策にナノイー発生器を買ってみた

パナソニックの「ナノイー発生機」を使ってみた。 オススメできる商品だと思う。
8月上旬に発表された商品で、1ヵ月程前に予約しておいた物が、日曜日に届いた。

 まずは使用感をご紹介。

はっきり言って、ウィルスに対する効果は実感できる訳がなく、判らない。
ただ消臭については、かなり効果を実感できた。

 日曜日から24時間稼働で、家のいろいろな場所に置いて試しているのだが、3~4時間置いておくと効果を実感できる。
 ・おやじ臭が臭いと言われる枕も、完全ではないが消臭されていた。
 ・スーツなどのタバコ臭、洗濯機のカビの匂い、玄関の匂いなども効果が実感できた。

 カビ臭に効果があるのなら、ウィルスにも効果は期待できるのかもしれない・・・

 作動音は静か、私は寝ていてもあまり気にならなかった。 カタログ上では、強34db,弱25dbとなっている。
ささやき声で、30dbと言うから静かである。 ただジーという連続音は心地良いとは言えない。


次に購入に至った経緯をご紹介。
新型インフルエンザが流行しだした頃、シャープのプラズマクラスターイオンやパナソニックのナノイーがウィルスに効果があるといった話を聞いていたのだが、「実際ウィルスに効いているか実感できないし」と考えていた。

このナノイー発生機が10月新発売という話を聞き、秋になって新型インフルエンザが大流行していたら買えなくなるだろうと思い、予約なら直前キャンセルも有りと思い予約しておいた。

シャープ「プラズマクラスターイオン」とパナソニック「ナノイー」との比較だが、昔プラズマを使った空気清浄機というのを使っていた時期があって、周囲の壁にまで汚れが着いて大変だった記憶があり、プラズマというのはあまり良い印象を持ったいなかった。(プラズマクラスターイオンは同様の現象があるかどうか知りません!)

ごく大雑把に言うと、プラズマクラスターイオンは、+と-のイオンをプラズマ放電して放出、「OHラジカル」というウィルスに付着すると酸化力でウィルスを無力化するという仕組みらしい。

 一方、ナノイーは5~20ナノメートルという、非常に微細な水に包まれたイオンを放出し、やはり「OHラジカル」な状態でウィルスを無力化する。

シャープは、酸素と水素が分離した状態、パナソニックは微細な水という発生時の違いだけで、イオンの力で「OHラジカル」な状態にし、ウィルスを無力化するといった原理は同じようだ。
ダイキン・日立などでも同様のようだ。

さて、ナノイーを選んだ理由ですが、

・昨年ナノイーのナイトスチーマーが話題になり結構売れたらしい。
 →美容に敏感な女性が評価したのだから、健康への影響はないだろうし、同様の効果があれば妻も喜ぶ。

・ナノイーは交換が不要。 プラズマクラスターイオンは2年程度で交換が必要。

・どちらかと言うと、パナソニックが好き。

さまざまな実験データ類は鵜呑みにできるものではないし、第三者機関が比較実験をしないと信用できないと思っているので、あまり気にしませんでした。

なぜ空気清浄機にしなかったのか。

 情報を集めていると、このやり方だと空気中のナノイーの密度がないと効果が少ないようです。
カタログ上の適用床面積は送風力のある空気清浄機が上なのですがナノイー発生器は1個らしく、ナノイー発生器が2個ついている発生器のほうが効果は期待できるのではないかと考えました。

 そして価格、もし期待はずれだった時あきらめられる価格じゃないと。

 長くなりましたが、消臭効果だけでも期待に応えてくれましたので、おすすめです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

家族が新型インフルエンザに感染したら

家族が新型インフルエンザに感染したら、親は1週間の出社停止という企業もあるようだ。
みなさんの周りでも家族が感染したという例は出てきているのではないでしょうか?

症状は軽微とはいえ、それくらいの処置は必要だと思う。

 これを機会に(複数の)同僚が1週間突然これなくなった場合でも業務に支障がでないように、日頃の作業の仕方、情報の共有の方法、連絡の方法など話し合っておきたい。

 古い記事だが、実際に小学生の娘さんが新型インフルエンザに感染した方のレポートが「日経Trendy net」に掲載されているのでぜひ目を通していただきたい。

 大きなポイントは二つ。
1)発症から,24~48時間の対応が決め手
 発症から24時間経たないとインフルエンザと判断できず、発症から48時間以内にタミフルを服用しはじめる事が重要。
 毎日体温を測るなど、発症のタイミングを知る事が効果的な対策につながる。

2)同居する家族の対応が、感染防止につながる。
 別室で寝るなど、できるだけ感染した家族との接触を避け、感染していない家族も外出を減らすに越した事はないが、外出するならマスク・手洗いなど、感染拡大に配慮する。

 はずせない用などで人に会う時は、「家族が感染した」旨を伝え、会う必要があれば感染を広げないよう配慮する。

 これは、感染者の家族当人だけではなく、取引先も含めた理解とフォローが必要です。
社会として最も避けたいのは爆発的な感染拡大です、こういった配慮の積み重ねが爆発的拡大を減らし、いつかは自分にめぐってくると考え対応するべきでしょう。

 今回の新型インフルエンザの流行は、さいわいな事に弱毒性でした。 強毒性の新型インフルエンザがいつ発生してもおかしくない状況ですから、今回の流行を(強毒性流行の)実地訓練だと考え対応したいものです。

 これからが流行の本番でしょう。 うまく乗り切りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 02, 2009

海外で大地震の被害が続く

9/30にはサモア諸島でM8.0が発生、津波による被害などで100人以上が亡くなった。 スマトラ沖では9/30にM7.6の地震が発生、翌10/1にはM6.6の地震が発生し、200人以上の死亡が確認され多くの建物倒壊がある事からさらに死者は増えるようだ。

スマトラ島周辺では、2004/12/26にM9.3 に史上2番目(1番目はチリ地震)に大きい地震が発生。
2005/3/28には、M8.6.2007/9/22 M8.5、そして今回M8.0、M6.6の地震と大きな地震が続いている。

 2004年の地震により、プレートの均衡が崩れたため新たなひずみが発生し、大きな地震が続いていると見られているとようだ。

2004年の地震の後、インド洋周辺各国も含めて津波に関する警報システムについては整備されつつあると聞いているが、今回の地震のニュースを見ていると被害状況の把握が進んでおらず、被害状況の把握という点ではあまり改善されていないように感じる。

JAXAのサイトでは、日本の観測衛星「だいち」による観測結果が掲載されている。
 
 衛星写真を見ると、津波の被害では樹木が失われるなど衛星写真でも被害の大きさがよく判る。

 おそらくスマトラ沖地震についても、「だいち」による観測が行われるのだろう。

こういった観測衛星による災害観測の結果は、国際災害チャータに無償で提供され、被災国の防災当局と連携する仕組みのようだが、被災国側で、これらの情報がうまく活かされているのだろうか?

 また、情報は得ても対応が取れない事も多いだろう。

 被災国で対応できない問題も多いだろうから、もっと国際的な機関で対応できる事があるのではないかと思う。
さまざまな課題を解決し、世界が一丸となってタイムリーに被災者の救出に当たれる日が早く来る事を願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)