« 家族が新型インフルエンザに感染したら | トップページ | 不測の事態に備えて携帯を活用しよう »

October 06, 2009

インフルエンザ対策にナノイー発生器を買ってみた

パナソニックの「ナノイー発生機」を使ってみた。 オススメできる商品だと思う。
8月上旬に発表された商品で、1ヵ月程前に予約しておいた物が、日曜日に届いた。

 まずは使用感をご紹介。

はっきり言って、ウィルスに対する効果は実感できる訳がなく、判らない。
ただ消臭については、かなり効果を実感できた。

 日曜日から24時間稼働で、家のいろいろな場所に置いて試しているのだが、3~4時間置いておくと効果を実感できる。
 ・おやじ臭が臭いと言われる枕も、完全ではないが消臭されていた。
 ・スーツなどのタバコ臭、洗濯機のカビの匂い、玄関の匂いなども効果が実感できた。

 カビ臭に効果があるのなら、ウィルスにも効果は期待できるのかもしれない・・・

 作動音は静か、私は寝ていてもあまり気にならなかった。 カタログ上では、強34db,弱25dbとなっている。
ささやき声で、30dbと言うから静かである。 ただジーという連続音は心地良いとは言えない。


次に購入に至った経緯をご紹介。
新型インフルエンザが流行しだした頃、シャープのプラズマクラスターイオンやパナソニックのナノイーがウィルスに効果があるといった話を聞いていたのだが、「実際ウィルスに効いているか実感できないし」と考えていた。

このナノイー発生機が10月新発売という話を聞き、秋になって新型インフルエンザが大流行していたら買えなくなるだろうと思い、予約なら直前キャンセルも有りと思い予約しておいた。

シャープ「プラズマクラスターイオン」とパナソニック「ナノイー」との比較だが、昔プラズマを使った空気清浄機というのを使っていた時期があって、周囲の壁にまで汚れが着いて大変だった記憶があり、プラズマというのはあまり良い印象を持ったいなかった。(プラズマクラスターイオンは同様の現象があるかどうか知りません!)

ごく大雑把に言うと、プラズマクラスターイオンは、+と-のイオンをプラズマ放電して放出、「OHラジカル」というウィルスに付着すると酸化力でウィルスを無力化するという仕組みらしい。

 一方、ナノイーは5~20ナノメートルという、非常に微細な水に包まれたイオンを放出し、やはり「OHラジカル」な状態でウィルスを無力化する。

シャープは、酸素と水素が分離した状態、パナソニックは微細な水という発生時の違いだけで、イオンの力で「OHラジカル」な状態にし、ウィルスを無力化するといった原理は同じようだ。
ダイキン・日立などでも同様のようだ。

さて、ナノイーを選んだ理由ですが、

・昨年ナノイーのナイトスチーマーが話題になり結構売れたらしい。
 →美容に敏感な女性が評価したのだから、健康への影響はないだろうし、同様の効果があれば妻も喜ぶ。

・ナノイーは交換が不要。 プラズマクラスターイオンは2年程度で交換が必要。

・どちらかと言うと、パナソニックが好き。

さまざまな実験データ類は鵜呑みにできるものではないし、第三者機関が比較実験をしないと信用できないと思っているので、あまり気にしませんでした。

なぜ空気清浄機にしなかったのか。

 情報を集めていると、このやり方だと空気中のナノイーの密度がないと効果が少ないようです。
カタログ上の適用床面積は送風力のある空気清浄機が上なのですがナノイー発生器は1個らしく、ナノイー発生器が2個ついている発生器のほうが効果は期待できるのではないかと考えました。

 そして価格、もし期待はずれだった時あきらめられる価格じゃないと。

 長くなりましたが、消臭効果だけでも期待に応えてくれましたので、おすすめです。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/46409260

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ対策にナノイー発生器を買ってみた:

» ダイキン 新型インフルエンザ インフルエンザ [りんりんから]
へぇ~~~~、こんな事になってたんですか。。。。しらなかったです~( ..)φメモメモさらに( ..)φメモメモインフルエンザ対策にナノイー発生器を買ってみた 、30dbと言うから静かである。ただジーという連続音は心地良いとは言えない。次に購入に至った経緯をご紹介。新型インフルエンザが流行しだした頃、シャープのプラズマクラスターイオンやパナソニックのナノイーがウィルスに効果があるといった話を聞いていたのだ(続きを読む) 新型インフルエンザ対策に!ウィルスをスピーディーに除去。【ダイキン】バイオ抗... 続きを読む

受信: Oct 17, 2009 5:52:37 AM

コメント

コメントを書く