« 海外で大地震の被害が続く | トップページ | インフルエンザ対策にナノイー発生器を買ってみた »

October 06, 2009

家族が新型インフルエンザに感染したら

家族が新型インフルエンザに感染したら、親は1週間の出社停止という企業もあるようだ。
みなさんの周りでも家族が感染したという例は出てきているのではないでしょうか?

症状は軽微とはいえ、それくらいの処置は必要だと思う。

 これを機会に(複数の)同僚が1週間突然これなくなった場合でも業務に支障がでないように、日頃の作業の仕方、情報の共有の方法、連絡の方法など話し合っておきたい。

 古い記事だが、実際に小学生の娘さんが新型インフルエンザに感染した方のレポートが「日経Trendy net」に掲載されているのでぜひ目を通していただきたい。

 大きなポイントは二つ。
1)発症から,24~48時間の対応が決め手
 発症から24時間経たないとインフルエンザと判断できず、発症から48時間以内にタミフルを服用しはじめる事が重要。
 毎日体温を測るなど、発症のタイミングを知る事が効果的な対策につながる。

2)同居する家族の対応が、感染防止につながる。
 別室で寝るなど、できるだけ感染した家族との接触を避け、感染していない家族も外出を減らすに越した事はないが、外出するならマスク・手洗いなど、感染拡大に配慮する。

 はずせない用などで人に会う時は、「家族が感染した」旨を伝え、会う必要があれば感染を広げないよう配慮する。

 これは、感染者の家族当人だけではなく、取引先も含めた理解とフォローが必要です。
社会として最も避けたいのは爆発的な感染拡大です、こういった配慮の積み重ねが爆発的拡大を減らし、いつかは自分にめぐってくると考え対応するべきでしょう。

 今回の新型インフルエンザの流行は、さいわいな事に弱毒性でした。 強毒性の新型インフルエンザがいつ発生してもおかしくない状況ですから、今回の流行を(強毒性流行の)実地訓練だと考え対応したいものです。

 これからが流行の本番でしょう。 うまく乗り切りたいですね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/46406225

この記事へのトラックバック一覧です: 家族が新型インフルエンザに感染したら:

コメント

コメントを書く