« 被災時の飲み物としてココアを | トップページ | 伊豆地震とインターナビの取り組み »

December 15, 2009

発見、袋になるヒモと同等商品

昔100均で見つけて、防災用品としてとても良いと思っていた商品「袋になるひも」ですが、その後店頭で見つける事は出来ませんでした。

 以前から、同様の商品はないものかと気にしていたのですが、やっと見つけました。
商品名は、「ポリスリーブ万能袋」。 

 自称サバイバリストの柘植久慶氏プロデュースのTSUGE SURVIVAL TOOLの商品のひとつです。

同じような商品ですが、こちらは希望小売価格945円! 「袋になるひも」は100円だったのに、この価格差はなんなのでしょう! 

 防災用品として売られているものは、ずいぶん割高な気がしていましたが、売り方を変えるだけでこんな価格設定になるんですね。

価格はともかく、何かと便利な商品です。 日常生活でも時々活用しています。
私は、「袋になるひも」を幾つも買いだめしておいて良かったと思っています。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/47032462

この記事へのトラックバック一覧です: 発見、袋になるヒモと同等商品:

コメント

おはようございます。

紐ですか!本来の使用目的以外は・・・・メーカーもデーターもなければ、当然回答もありません。
使わないで下さい、で終わりです。

防災トイレの大人用紙オムツにしても然り、肝心なことは教えてくれません。じゃあ、自分でデーター取り、となるわけです。
この紐、経年劣化はどうなんでしょう?
耐荷性、進展性は?防災用品となれば、あれも、これも試して見たくなりますね。

果樹の結束紐も時代と共に変遷していきます。
今はパラフィン塗布の依り紐、2年も経てば劣化しますが丸めて燃やせば綺麗に燃えます。

サバイバルのガムテープ着火剤は黒煙で閉口しましたがやれば工夫で出来るものなんですね。

投稿者: ippo248 (Dec 16, 2009 5:27:48 AM)

こんばんは。
どうなんでしょうね?
しょせん、ポリエチレンの紐ですから、多くは期待できないのではないでしょうか。

投稿者: isana (Dec 16, 2009 10:59:10 PM)

コメントを書く