« 来月から災害伝言板の検索が可能に | トップページ | チリ地震で1日が短くなった。 »

February 26, 2010

ハイブリッド車の事故対応

先日「ハイブリッド車の災害対応研修」という記事を目にした。 200Vの高電圧ののバッテリーを搭載したハイブリッド車はやり方を誤ると感電などに繋がるため、第三管区海上保安本部がトヨタの社員を講師に招き研修会を行ったという記事。

 そう言われるとハイブリッド車や電気自動車など、省エネの代名詞のように扱われ、急速に増えているのに、その特異性やガソリン車との扱いの違いなど、ほとんど一般には知られていないなと思った。

 おそらくハイブリッド車のオーナーでさえ、燃費のいいガソリン車と捉え、詳しくメニュアルに目を通す事なく載っているのではないだろうか?

目の前で事故が起き、車内の人を救出しようと車に触ったら感電したなんて2次災害も起きかねない。

 折しもトヨタリコール問題で、ハイブリッド車のブレーキシステムが騒がれているが、これも新しいシステムの違いがユーザに正しく理解されていなかったのが原因のように思える。

 私も初めてABS付の車に乗ってABSが動作した時「怖い」と思った記憶がある。 仕組みは理解していたが、体感した時の違和感は「怖い」に繋がる。

 売る立場としてメリットばかりを強調するのは仕方ないが、注意すべきことや従来の概念との違いなどは、しっかり広める必要があるのではないか?

話を元に戻すが、ハイブリッド車の事故対応について検索してみた。
トヨタ ハイブリッド車のレスキュー時の取り扱い」 という資料がヒットした。
要点を書き出すと・・・

 ・まずハイブリッドシステムをオフにする。→イグニッションオフ
エンジンが停止しても動いている場合がある。

 ・高電圧ケーブルはオレンジ色なので、このケーブルや繋がっている高電圧部品には触れない。
 ・消火器は、油火災・電気火災に対応した物を使う。
 ・大量の水ならよいが、少量の水で消火しない。
水没しても感電の危険はない。 ← 前から知りたかった事でした。
 ・バッテリーの電解液は、有毒な強アルカリ性だが、液モレの心配はない。

 地震などでは、建物に車が押し潰されるといった特殊な状況が起こりうるので、こんな知識も頭の隅に入れておくと2次災害防止になるでしょう。

ハイブリッド車だけでなく、ソーラパネルとか燃料電池を設置してある場所も増えています。
災害発生時は危険物になりうる事を知っておきましょう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/47664502

この記事へのトラックバック一覧です: ハイブリッド車の事故対応:

コメント

誤:消化器
正:消火器

かと思われます。。。

投稿者: 通行人 (Feb 26, 2010 4:19:24 PM)

コメントを書く