« リレンザ耐性ウィルス見つかる | トップページ | JR山手線停電事故と対応 »

March 10, 2010

災害時にも役立つナノテクタオル

被災時に困るのが水不足と入浴の問題。 しかもホコリまみれの環境の中です。
応急段階が過ぎるまでは、せいぜい濡らしたタオルで体を拭く程度しかできそうにありません。

 そんな時に役立ちそうなのが、finetrackの「ナノタオル」。 帝人製「ナノフロント」を使った、僅か38gの携帯に便利なポーチ付のタオルです。 驚く程小さく畳めば手のひらに収まります。

石鹸の使えないアウトドアでも、水だけで皮脂や油を落とす事ができ、吸水拡散性に優れているので、水を吸い安く且つ乾き安いのが特徴です。

 性能試験では、一般のタオルが40%以下しか皮脂を取れないのに対し、このタオルは70%程度取る事ができるようです。 実際脂ぎってしまった顔を拭くとかなりスッキリします。 あまり使った事がないのですが、脂取り紙よりも効果は高いのではないでしょうか?

この特長を実現しているのが、ナノフロントという繊維。 なんと髪の毛の7500分の1の細さの繊維だそうです。
この極細繊維により、綿のタオルの数十倍の表面積となり、乾き易さを実現しています。

この乾き易さにより、濡らしたナノトルを首に巻けば炎天下でも涼しく過ごせるようです。
熱射病防止にも役立ちそうです。

 ポーチ付なので携行しやすいので、常時携行の防災用品としてオススメです。

Nanotaol

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/47770435

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時にも役立つナノテクタオル:

コメント

コメントを書く