« 突風によるテントの事故をなくせ | トップページ | 気象警報・注意報の発表単位の変更 »

May 19, 2010

一覧から地図を簡単に作成する

防災地図などを作る時に(住所を含む)表形式になった一覧表から、簡単に地図を作る事ができる便利なサービスがある。
このサービスを使うと、住所などを含んだEXCELデータを Copy&Pasteするだけで、地図を作成する事ができる。
 GoogleのKML形式のファイルを作成できるので、これをGoogleMapsのマイマップに取り込めば、共有できる地図が誰でも簡単に作成できる。

多くの国に対応しているので、仕事で海外拠点一覧の地図を作る際なども役立つだろう。

サンプル画像(東京都福祉保健局のサイトの一覧を地図化したもの)
Batchgeo3_2


以下に作り方をご紹介する。
[Web上の表形式の場合]
1.表の範囲をコピーし、EXCELにペーストする。
 ※データが必要なだけなので、列幅等直す必要はない。
以下は同じ。

[EXCELの場合]
1.表部分をコピーする。
2.「batch geo」を開き、表の部分にデータをペーストする。
Batchgeo1

3, [データの確認]ボタンを押し、表形式に表示されたデータを確認する。

4.住所の書いてある欄(列)がどこか、対応する欄(列)を指定する。

Batachgeo2

画像のように、地図上に表示されるタイトルや詳細情報を表示する情報(列)も指定できる。
また、最初の行(フィールド)からの直線距離も計算できるようだ。

4.[ジオコーダの開始]ボタンを押すと、地図が作成される。

5.地図の共有やKMLへの保存をするかどうか聞いてくるので、選択する。

6.作成され共有した地図が、こちら

 なお、グーグルマップやグーグルアースで使いたい場合は、KMLを保存を選びファイルを作成し、グーグルマップのマイマップで作成したKMLファイルをインポートすれば良い。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/48397128

この記事へのトラックバック一覧です: 一覧から地図を簡単に作成する:

コメント

コメントを書く