« 公衆電話の使い方を子供に教えておこう。 | トップページ | 深層崩壊マップを公開 »

August 05, 2010

落雷被害が増えているらしい。

4日のWBSで落雷被害が増えていると紹介していた。
確かにゲリラ豪雨が増えているのだから、落雷被害も多いのだろう。更に電化製品が増え、インターネットに繋がる機器も増えているのだから、落雷にあったら電源線と通信線の二系統で被害が発生する可能性がある。

機器の破損といった物理的な問題だけでなく、パソコンのデータの消失による損害も大きいだろう。

番組中の被害例の紹介ではコンセントに付ける雷ガードを付けていたが、防ぎきれなかったそうだ。

コンピュータがインターネットで繋がり、情報の連携が不可欠な現在。 落雷被害が深刻な問題に繋がりかねない事を知っておくべきだ。

昔と気象が変わりつつある現在、今まで周辺では雷被害などなかった場所であっても、いつ起きてもおかしくないのだから。

自分が生きているうちに起きるかどうか解らない地震への備えは、対策意識が薄れがちだが雷や水害のほうが身近な問題だろう。
こういったイメージし易い災害対策から、企業の事業継続計画BCPを立て、膨らませていくのが現実的で着実に進む方法なのかも知れない。

ところで、我が家の雷対策はと言うと、これといってしていない。
雷ガードを一つ買ってみたものの、電化製品の溢れるなかとてもまかないきれないと悟った。
ネットワークは数段に別れているので、ま全損はないだろうと淡い期待。
ノートパソコンは普段電源にもネットワークにも繋いでいないので大丈夫だろう。重要なデータはクラウドにあるので日本が沈没しても大丈夫(そんな状況で役立つ程のデータではないが)。

ちなみに家に居る時に雷が近い時はデスクトップパソコンは終了させ、スイッチ付コンセントのスイッチを切るようにしている。 これからは元のLANケーブルを抜いて、通信は無線に切り替えようと思っています。

皆さんの雷対策はいかがでしょうか?


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/49063737

この記事へのトラックバック一覧です: 落雷被害が増えているらしい。:

コメント

おはようございます。

以前に発電機まで備えました。
事前の勉強不足、起動時に動力は相当数の電力が必要、それにICチップ搭載、買い換える余力は残っていません。
雷停電、機器損傷、一番困るのが空調でしょうね。特に高齢者世帯での熱中症、もし落雷被災したら間違いなく家電量販店にかけ込む事でしょう。

配電盤に耐震断ボールをセットしてありますが、これと組み合わせて何か新発明を待つしか、なさそうです。

投稿者: ippo248 (Aug 5, 2010 4:21:27 AM)

IPPO248さん、こんばんは。
返事が遅くなってスミマセン。

 今の時代電気が使えない生活は本当に困りますよね。

>新発明を待つしかなさそうです。
以前から思っていたのですが、ブレーカーの原理で雷の大電流も遮断できないもんですかね? ど素人考えですが・・

投稿者: isana (Aug 12, 2010 1:05:47 AM)

コメントを書く