« 地震によるビルの損傷状況をモニタするシステム | トップページ | 防災頭巾の安全性 »

September 01, 2010

防災の日だけど、鳥インフルの話題

今日は防災の日ですが、防災訓練等防災関連イベントに関するマスコミの扱いもあっさりしたものという印象です。

 感染症について、ちょっと気になる話題があったので、鳥インフルエンザに関する話題を・・・
インドネシアで、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)が人に感染しやすいウィルスに変異した事が判ったそうです。
H5N1ウィルスが豚に感染し変異して、人ののどや鼻の細胞に感染しやすいウィルスになったそうです。
(以上,asahi.com)

9月になったのに連日の猛暑で、インフルエンザの時期はまだ先のように感じますが、寒くなったら要注意かもしれません。

昨年の新型インフルエンザは、つい先日8/11にパンデミックの終息宣言がWHOから出されました。
この新型インフルエンザは、重症化するケースが少なかったため、流行初期の大々的な報道や対処が過剰だったのではないかとの意見もあり、「騒ぐ程の事はなかった」という印象をもたれた方も多いでしょう。

 この印象が残っていて、人に感染し易い高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)が流行しても、適切な対処が行われず大流行に至ってしまう事が心配です。

新型インフルエンザ流行の際は、マスクが入手困難な状況や粗悪品のマスクが出回るといった事もありました。
必要な備えはお早めに!

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/49319400

この記事へのトラックバック一覧です: 防災の日だけど、鳥インフルの話題:

» Twitter Trackbacks [から]
続きを読む

受信: Sep 2, 2010 8:25:20 PM

コメント

おはようございます。

お体どうですか?
当方、全くグロッキー状態、半身で感覚温度が全く違い、このままでは今年の冬越しは無理かな(動けなくなる)?なんて、悲観的に考え込んでいます。
20℃切ると右半身は硬くなります。説明しても女房でも理解に苦しむ孤独な世界、加えて介護ですから・・・朝から気が重い、でも1日儲け、防災意欲だけは旺盛です。

確かに、自然災害続きですから防災慣れした感はありますね。防災訓練も妙に手際が良い、来年は異動期ですから、新任者が運営、持ち回り会場ですから又ゼロから出直しですね。

過日、アステカ文明新説、天狗熱(出血性疫病で1,700万人死亡)を読みました。
血の涙を流すマリア像と符合し、鳥インフルエンザの当初兆行と合わせ、疫病の突然変異もありうるのかな?
今更の感ですが、マスクの耐用年数も気にかかります。
eマスクの試供品、光触媒利用で1つのマスクで5日間、使って見ましたが呼吸排気のべたつきもなく、5枚で25日使用可能は魅力を感じました。

防災は銭食い虫、何とかしたい、多空くじでも・・・

投稿者: ippo248 (Sep 2, 2010 7:38:58 AM)

IPPO248さん、こんばんは。
おかげさまでコルセットも取れ、ほぼ日常を取戻しております。 筋肉が弱って、今地震が起きたら困るのですが・・

健康でちゃんと動ける事が一番優先度の高い防災対策ではないかと感じています。

 IPPO248さんもお体大変ですね。ご自愛ください。

eマスク良さそうですね。情報ありがとうございます。

投稿者: isana (Sep 3, 2010 12:47:54 AM)

コメントを書く