« 東京電力 計画停電への対処 | トップページ | 被災地からの便り »

March 15, 2011

計画停電を回避するために-節電のススメ

東京電力管内で計画停電が実施されました。 3/14の東京電力の18時~19時の想定需要(3/13時点)は、4,100万kWだったのに対し、節電の効果で実績需要は2.800万kWだったそうです。 想定の7割弱の需要で済んだというのは驚きです。

 私は東京都23区内に住んでおりますので、計画停電の対象外ではありましたが、停電訓練も兼ねて帰宅した17時~19:30まで防災用品を使って過ごしてみました。

 具体的には照明は、太陽光充電したLEDライトとバッテリーに繋いだUSBライトを灯りとして、TVはつけずiPodのラジオを聞いていました。 冷蔵庫等の電源を切るまではしませんでしたが、ほとんどAC電源は使わなかったと思います。

 被災地の人々はもっと辛い環境でしのいでいるのだなと思うと、あまり苦ではありませんでした。

 電力需要のピークを迎えるこの時間、一部屋に家族が集まり、被災地の人々を思いつつ話をしてみるのも、新たな発見があるのではないでしょうか? 

 東京電力管内全体の電気需要が下がれば、計画停電も電車の運休もなくて済むのです。 
残念ながら電力不足は短期間で解消しそうにありません。 すこし工夫してライフスタイルを変える事で、不便な生活から解放されるかもしれません。

 たとえば、夕食の支度は暗くなる前に済ませておき、温めて食べるだけにするとか。 TVは録画に替えるとか、昼間充電したバッテリーで電気を使うとか、節電と電力需要の平準化ができれば良いのです。

 Yahoo!が、「効果的な節電と計画停電の対象方」というページを公開しています。 ぜひ参考にして節電をしましょう!

 くれぐれも火気を使った火災、発熱機器の電源の切り忘れによる火災などには十分お気をつけください。

[関連過去記事]
[ソーラライト LightCap] 「LEDライト付きボトル

[USBライト] 「非常用の灯りの新しい考え方

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/51122763

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電を回避するために-節電のススメ:

コメント

おはようございます。
下記の案は、寒さが和らいできたとはいえ、
大きなリスクなしでかなりの節電効果が期待できます。
貴社の担当者にも説明していますが、この案の効果はあると思うが、監督官庁にプッシュするパワーがないとのことです。
大手建設会社の方にも伺いましたが、効果はあるだろうと仰っていました。
【具体策案】
計画停電回避のために、「関東のすべてのオフィスビル等は暖房(空調)を停止する。」を政府を挙げて具体的に訴えかけるべきです。
一般にビルの電気消費の20%~30%が空調電力と言われています。
今は季節的に比率は低まりますが、コンピュータ制御のビル空調は、少し暖かい日は逆に冷房が入ります。
関東全域の全てのオフィスビルの空調を切れば、相当の効果が期待できます。
服装は完全防備の厚着をすれば、多少働きにくくても、それ位は我慢の範囲だと思います。
また、従業員の節電意識も否応なしに高まります。
ビル正面には、『節電のために暖房を停止しています』の張り紙をしましょう。⇒「節電の見える化」
(「東京23区内は、何の影響も受けないのか」という不公平感も和らぐと思います)
更に昼休み時間帯の全てのオフィス照明をも停止しましょう。
まだ間に合います。検討をお願いいたします。
私が、勤務しているビルは、今週から実践して、大体20%の節約ができました。(実は、まだ暖房は低めにしただけで
完全には切っていません。すみません)
かなりの効果が見込めると思います。

投稿者: karao (Mar 20, 2011 3:42:32 AM)

コメントを書く