« 史上5番目の超巨大地震 | トップページ | 東京電力 計画停電への対処 »

March 13, 2011

報道の在り方

 今回の地震で、地デジ・BS各社は昨日から地震特番をやっています。 ショッキングな映像で見入ってしまいますが、同じような報道ばかりでデータ放送もあまり活用されていないようです。

 一方、ネットの世界では、Googleが特設ページを設け各種情報へのニュース速報や関連リンク集を提供したり、欲しい情報が見やすく提供されています。

 また、「SAVE JAPAN!」というツイッター情報を地域別にまとめたサイトが立ち上がり情報提供しています。

 NHKもU-StreamでTVのミラー配信中。

 今回の地震ではネットの力が発揮されそうです。

 これだけ広範囲に被害が出た災害では、無限にニュースがあります。 被災地の状況は気になるけど、今は首都圏がどうなっているのか知りたいとか、宮城の情報だけ知りたいとか、さまざまなニーズがあるはずです。

 TV各社は、独自の取材で衝撃的な映像を流し続けていますが、望まれた情報を提供できているのでしょうか?

 どうせCMも流していないのですから、局毎に担当地域を割り振るとか、この時間は宮城の情報だけの番組にするとか、もっと工夫できるのではないでしょうか。

 今、「Share」という本を読んでいるのですが、無料の欲しい・あげますのサイトが大人気とか。
今回の地震被害で義捐金も大切ですが、これだけ被災者が多いと十分な額が行き渡るとも思えません。
 オークションサイトが、被災者支援寄付コーナーを立ち上げて、被災者がこれが欲しいとアップすると提供できる人が送ってあげるみたいな事ってできるんじゃないでしょうか?
 オーダされたらQRコードを荷物に貼って送るとリクエストした人にきっちり届くようなシステムを作るのは容易だと思います。
 
 YahooなんかiPohoneもやっているんですから、専用のiアプリなんかも無料で提供して、避難所で使えばかなり役立つと思うのですが。 中越地震の時のような寄付品の山がそのままなんて事にならないと思います。


 今回の地震、ソーシャルネットワークがどの程度活躍するか期待しています。
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/51104677

この記事へのトラックバック一覧です: 報道の在り方:

コメント

コメントを書く