« 3.11. BCPを実践したディズニーリゾートの凄さ | トップページ | 災害は重ねてやってくる事もある。 »

May 27, 2011

地震予知失敗で、過失致死罪で学者を起訴

2009年4月に発生したイタリア中部地震。死者309名、6万人以上が被災した地震ですが、政府防災庁付属の委員会が、大地震の発生の兆候がないと判断した事が被害拡大につながったとして、委員会メンバーの学者7名を過失致死罪で起訴しました。(5/26 日経夕刊)

「大地震は起きない」と判断した事に対する刑事責任の追求というのは驚きました。
結果は別として、検察側弁護側の立場で充分議論する良い機会だと思います。

逆に、もし「大地震が起きる」と判断して、地震が起きなかったら、避難などによる休業補償などで損害賠償の責任を負うのでしょうか?

折しも日本では、内閣府原子力委員会斑目委員長が「再臨界の可能性はゼロではない」と発言した事が、海水注入中断に繋がったとか報道されている(結局、現場判断で注水を中止しなかったようだが・・・これも別問題)。

 災害映画の定番ストーリーは、学者が災害の前兆を見つけ災害を予知するが、行政に受入れられず災害が起きてしまうというパターン。 同じことが現実にも起きているのでしょう。

 イタリアのこの裁判、そして東日本大震災の検証をしっかりやって、学者の意見を聞き災害が起こる事のリスク、起こらない事のリスクを判断し、確実に現場を動かす技術の進歩が必要だと思います。 危機対応の専門家、組織を育成し権限を与えて対応しなければ、個々の技術は進歩しても、被害を減らす事はできないと思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/51778015

この記事へのトラックバック一覧です: 地震予知失敗で、過失致死罪で学者を起訴:

コメント

コメントを書く