« 隅田川沿いのポタリング | トップページ | 初パンク! »

2008年4月 5日 (土)

ジオタグ対応データロガー

昨年からデータロガー コメットDL/3(GlobalSat社 DL/100)を愛用していましたが、写真のジオタグ付けが、少々面倒になってきました。

 標準でジオタグ対応で、GoogleMaps対応のデータロガーを見つけたので入手した。

GiSTEQ PhotoTrackrLite日本語版 販売元は、ログメイト

ジオタグ機能や形状は、SONYのGPS CS1Kとよく似ています。

しかし中身は、DL/3に負けないくらい優秀でした。

P1020902

写真は左がコメットDL/3、右上がSONY GPS-CS1K,右下がGiSTEQ PhotoTrackrです。

 重さ(電池込み実測)

DL/3 131g, CS1K,94g,Photo Trackr 77gでした。

これぐらいの大きさなら、あまりじゃまになりません。

CS1KのGPSエンジンは何か知りませんが12チャンネルオールビュー、コメットDL/3はSiRF StarIII(並列20チャンネル), PhotoTrackrはMTK製のGPSエンジン(衛星同時補足用32チャンネル、追尾用19チャンネル)のようです。

Gps

起動時間(ウォームスタート)は、実測でDL/3とPhotoTrackrが30秒、CS1Kが55秒でした。

3つのGPSをつけて軌跡を比較してみました。 ログ取得間隔を調整していないので、正確ではありません(DL/3が長め)が、違いが良く判ると思います。

PhotoTrackrの精度はかなりイイです。ビルのそばでも、ほぼ正確にトレースしています。写真は浅草キリンビール付近。

添付ソフトですが、使いやすいですが、あまり細かな設定はありません。

Phototrackrview

ログを取り込み、写真をインポートするとジオタグを付け、画面下部のGoogleMapsへルートと撮影ポイントを表示します。

画面左上にはカレンダーがあり、日からルートや写真を選択できるようです。

また、Exif情報の表示やサムネイルの表示を行います。

DL/3はジオタグをつけるのに別ソフトが必要ですし、CS1Kはルートとジオタグは別ソフトなので、PhotoTrackrは1画面で両方作成管理できる点が簡単で良いですね。

ログの出力機能ですが、

PhotoTrackrは、GPX(標準)、NMEA、KMZ、HTML

コメットDL/3は、gsd,KML,NMEA,CSV,Text

CS1Kは、NMEA のみのようです。

 忘れていました。記録ポイント数と電池の持続時間ですが、

Photo Trackr Liteが、25万ポイント以上、単三電池1本で連続14時間。

コメットDL/3が、4万3千(位置、日時、速度、高度の場合)、単三電池2本で20時間以上。

CS1Kが記録ポイント数不明、単三電池1本で14時間のようです。

ポタリングの記録用としては、ピッタリのデータロガーだと思います。

|

« 隅田川沿いのポタリング | トップページ | 初パンク! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/40768461

この記事へのトラックバック一覧です: ジオタグ対応データロガー:

« 隅田川沿いのポタリング | トップページ | 初パンク! »